お客さま本位の業務運営に関する基本方針Basic Policy concerning Customer-Oriented Business Conduct

1. 方針の策定・公表

 トーセイ・アセット・アドバイザーズ株式会社(以下、「当社」といいます。)は、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を策定・公表します。本方針において、「お客さま」とは、トーセイリート投資法人(以下、「本投資法人といいます。」)及び投資法人の投資主並びに私募ファンド等における資産運用委託等契約を締結している特定目的会社等の顧客及び当該顧客の投資家を総称して定義いたします。本方針に関して、定期的な見直しを行い、当該方針に係る取組状況を公表してまいります。

2. 資産価値向上への取り組み

  • 当社は、運用資産の中長期的な資産価値向上を実現することによりお客さまの最善の利益の実現を目指します。
  • 当社は、お客さまの運用ニーズに適した最良なアドバイスと付加価値の高いサービスを提供します。

 ■アクションプラン

  • プロフェッショナル集団として資産運用会社独自の知見や経験を発揮するとともに、トーセイグループの不動産運用ノウハウと経営資源を最大限活用します。
  • 投資対象資産の特長やリスク特性を分析・把握した上で、運用方針を策定し、それを実践することにより、リスクリターンのバランスのとれた運用パフォーマンスを目指します。
  • お客さまとの対話から得られる貴重なご意見について運用方針に反映していくことに努めます。

3. 利益相反管理に対する強固な取り組み

  • 当社は、お客さまの利益を最優先とする利益相反管理態勢の実効性を確保するため、法令等の遵守に加え、社内ルールとして定めた手続等を遵守するものとします。
  • 当社は、運用資産ごとに定められた意思決定における独立性を維持し、また社内部署間のウォールを設けることにより厳格な情報の管理態勢を構築・維持します。

 ■アクションプラン

  • 利益相反に係る取引に関しては、社内ルールに基づき、リスク・コンプライアンス委員会を開催し、トーセイグループと利害関係を有しない外部委員(弁護士)の意見を取得した上で公正・公平な審議手続きを行います。
  • 本投資法人における利害関係人との取引に関する対応方針は、有価証券報告書等において開示します。

4. お客さまに対する分かりやすい情報提供の励行

  • 当社は、商品の内容や運用状況等のご説明や資料等の作成に際しては、お客さまにとって、公平・公正かつ分かりやすい情報開示を行なうことに努めます。
  • 当社は、手数料等の報酬等についてお客さまにご説明する際には、対象となるサービスについて詳細な内容を提示し、分かりやすい説明を行ないます。

 ■アクションプラン

  • お客さまに対する透明性を確保するため 、常にお客さまの視点に立ち、投資判断に必要な情報を適時かつ適切に開示します。
  • 本投資法人が当社に支払う報酬の支払に関する基準及び支払の時期は、本投資法人規約に定め、これを公表するとともに、毎期の報酬額については資産運用報告及び有価証券報告書等において開示します。

5. お客さまのリスク許容度を踏まえた金融商品の提供

  • 当社は、お客さまの金融商品に関する知識、投資経験、投資目的、ニーズ及びご所有の財産の状況等を十分に把握して、お客さまのご意向とご実情に則した適正な勧誘、アドバイスに努めます。

 ■アクションプラン

  • お客さまに「金融商品の販売等に関する法律」に係る重要事項を正しくご理解いただくことに努めるとともに、お客さまご自身に適切に投資判断を行っていただくために、提供する商品の内容やリスク等について十分なご説明を行います。
  • 不動産および金融商品に関する知見及び取引経験が豊富なお客さま(特定投資家)においても、お客さまの投資判断に係る重要な情報を分かりやすい内容で提供します。

6. お客さま本位とする企業文化の定着

  • 当社は、お客さまのニーズや利益に適う取組みをより一層実践していくために、研修等を通じて役職員の意識を高める教育を行い、お客さま本位を促進する人事・業績の評価体系を整備し、適切なコンプライアンス体制及びガバナンス体制の向上に努めます。

 ■アクションプラン

  • さまざまな不動産シーンにおける金融商品取引の知識向上を通じて、心豊かなプロフェッショナルな人材の育成に努めます。
  • 人事評価や業績評価に際して、お客さま本位の姿勢やお客さま志向の観点での評価を行ないます。